ともばたらきと試行錯誤

2児の母、時短勤務中。ゆるく楽にがモットー(ズボラ)。 ぼちぼちブログ更新予定です。

【定期的に捨てる】子どもがいても散らからない暮らし

子育て中って、知らないうちに物がどんどん増えますよねー。

 

お子様セットのおもちゃ、保育園・幼稚園から持って帰ってきた何か、祖父母からもらったおもちゃ等々…

 

放置しておくと、すぐにカオスな状態に。

 

部屋がごった返す原因にもなります。

そうなると、くつろぎ辛くなるので、我が家では定期的にモノを処分しています。

 

 

f:id:bun-chiyo:20210209221112j:plain

 

ミニマリストというわけではありませんが。

 

物が増えると収納を増やす…

という考えもありますが、収納を置くとスペースが狭くなる!ということで、衣装ケース以外の収納は増やさないようにしています。

 

その結果、ミニマリストというほどではありませんが、

おもちゃなどはできるだけ、造り付けの収納に余裕を持って収められる量となりました。

 

収納のための掃除もなくなりました。

 

1ヶ月に1回以上は持ち物の見直しをしています。

 

無限に増える気もする子ども用品やプリント類。

 

1ヶ月に1回以上は見直すようにしています。

 

1年間のものをまとめて、棚卸しという感じで年に一度でも良いのですが、

 

より小まめに見直すことで、子どもが寝た後の短時間などでも整理が可能なので、

 

「最近ごちゃごちゃしてきた…」

と思っても、さっと捨て作業に取り組みやすい。

 

それぞれペースはありますが、私の場合は1ヶ月1回以上の見直しがちょうど良く暮らしています。

 

使わないおもちゃは破棄or譲る

 

何かのおまけなどの、よく分からないおもちゃって増えがちではありませんか?

 

「たまーに遊んでいるような気がする」

と思って処分しにくい…

 

そんな時は、子どもの目が届かない場所に2週間程置くことにしています。

 

必要はおもちゃなら、子どもから、

「あのおもちゃ、どこだろ?」となるので、捨てずに元に戻します。

 

しかし、子どもがそのおもちゃの存在すら思い出さず、今後も遊ぶ予定がなさそうなら、ある程度親が処分してしまいます。

 

また、この時「人に譲る」ことも、もちろんアリですが、相手が使わないような物を譲ることは避けたいものです。

個人的にはここら辺がちょっと難しい…

 

読まない絵本も見直す

 

絵本がたくさんあると脳に良い、と聞いたことはありましたが、

 

やっぱりお気に入りとそうでない本は、分かれるもの。

 

図鑑などを除いて、絵本もできるだけ厳選するようにしています。

 

保育園で毎月もらってくる本もありますが、こちらは意外とメルカリなどに出品すると意外に需要があるようですよ。

 

毎日の掃除といつでも人を呼ぶことができるので、すごく楽。

 

定期的な捨て作業さえしていれば、毎日ちょっと掃除機をかけるだけで、家中いつでも人に見られても大丈夫な状態をキープするのもカンタン。

 

夫の両親がいつ入ってもOKというのは、気持ち的にもすごく楽です。

 

毎日の掃除だけでなく、精神的にもゆとりが生まれるので『必要でないものを捨てる』ということはやっぱり大事ですね。