ともばたらきと試行錯誤

2児の母、時短勤務中。ゆるく楽にがモットー(ズボラ)。 ぼちぼちブログ更新予定です。

クラウドワークスでおこづかいは稼げる?

クラウドワークスでおこづかいは稼げる?

 

 

 

 

ライティングでおこづかい稼ぎ

 

最近人気の在宅ワークの中では、特にライティングが気軽に取り組めるのではないでしょうか。
 
以前、クラウドワークスに登録して、たまに受注していた時期がありました。
 
クラウドワークスには、タスク形式とプロジェクト形式などありますが、それぞれのメリットデメリットをざっくり挙げると以下の通りです。
 
  • タスクならすぐ取り組める反面、単価が安い
  • プロジェクト形式なら、受注までに少し時間がかかるけど、単価は高め。
(プロジェクト形式でも、簡単そうなものだと単価が低めな案件もあります。)
 
未経験で、評価ゼロだと受注させてもらいにくい、という内容をどこかで読んだので、
私の場合は、ライティングのタスクを数件こなした後に、プロジェクト形式に応募するようになりました。
 

在宅ワーク(ライティング)の良いところ

 

在宅ワーク(ライティング)の良いところは、

「パソコン(スマホ)一つあれば、どこでも作業ができる」

これが一番のメリットではないでしょうか。

 

場所もとりませんし、電車に乗っている時間や日常生活の隙間時間等でささっと下書きを行うこともできます。

 

個人的には、

「暇だけど、育休中もしくは働ける時期じゃない。でも何か社会と接点が欲しい!」

という時に重宝しました。

 

1時間あたりの単価は...

 

私は毎日平均で1〜2時間程度作業し、収益は1ヶ月5000円くらいでした。
(平日のみ作業していました。)
 
1時間あたりの単価は、
5000円÷(20日×2h)=125円
 
時給換算すると、125円とかなり低かったです(笑)
 
でも、その時期は、
「何か社会に貢献している気分になりたい」
という気持ちで作業をこなしていたので、全く苦ではありませんでした。
 
産前なら、出産の関係もありますし、産後でも新生児だとお世話が忙しいこともあるので、
あまり多くは受注し過ぎず、
100円~300円のタスク作業を数個と、プロジェクト形式の契約が一つでこの金額でした。
 
プロジェクト形式の案件を増やすと、時給もアップしていたかもしれませんね。
 
 

クラウドワークスでおこづかいを稼げるか?

 

クラウドワークス(ライティング)のみで、毎月5〜10万円を稼ぐのは、正直難しいかもしれません。
 
しかし、私の場合はライティングスキルもなく、プログラミングが出来る訳ではなかったので、充分な収益だと思っております。
(実際に毎月の書籍代にはなっていました。)
 
記事を書く上で、色々と検索した結果、知識がつくこと多かったですし、なかなか面白い経験でした。