わごころ

2児の母、共働きのアラサー。家の売却が完了し、2度目の家を計画中です。ややミニマリストな気質。

トイレの手洗い器を付けない件について

ちょうど思い出したので、トイレに手洗い器を付けない件について語ります。

 

先日のブログでも触れた通り、

今回の家づくりではトイレに手洗いを付けないことを希望しました。

 

それというのも、私はなるべく不要な家事はなくしたいと思っているからです。

(例えば、"名もない家事"と呼ばれるものなど。)

 

そのためには、トイレに手洗い器つけないことが、正解でした。

パナソニック 全自動おそうじ トイレ アラウーノ 130タイプ3 ホワイト CH1303WS 便フタオート開閉リモコン付き省エネ 温便座 タンクレス 便器

なぜかというと便座だけでなく、トイレの手洗い器を掃除することは面倒だからです。

 

トイレは思っている以上に、埃がたまりやすい場所です。

 

もちろんこの埃は床だけでなく、

換気扇、

トイレの蓋、

手洗い器やカウンターに溜まってしまいます。

 

その結果トイレの手洗い器に埃が溜まり、なかなか取れない…

という経験をしたためです。

 

また、トイレに訪れる度に手洗いを見てしまうので、気分もすごく億劫になりました。

 

そう考えて、今回はトイレに手洗いをつけないように希望したのですが、

コストカット面でも上手くいきました。

 

さらに洗面所を近くに配置し、水回りをまとめることで、

全体的なコストダウンにも繋がるようです。

 

「トイレ掃除後はどうするのか」というと、となりの洗面所まで移動して手を洗います。

 

「手を洗わずにドアを触ることが不潔だ」と思われそうですが、洗面所は引き戸で開けっ放しにすることができますし、

石鹸を使ってジャブジャブと手を洗うことができるので、私の場合はそちらの方が清潔そうに感じました。

 

既に現在、現在の賃貸でトイレの手洗いが使いにくいため、

洗面所で手を洗っているのですが、何の不具合もありません。

 

というわけで、今回の家づくりで我が家は、

トイレに手洗い器つけないことをを選択しました。

 

それにより、トイレに手洗いをつけないとなると、毎日タオルを交換することがなくなりますし、掃除も楽になります。

 

さらに、トイレのちょろちょろした水ではなく、洗面所でじゃぶじゃぶと手を洗うことができ…

 

というわけで、我が家はトイレに手洗い器つけない選択をして、

浮いたお金で、洗濯機の給水栓を混合水栓とするように希望しました。

カクダイ 洗濯機用混合栓 立ち上がり配管用 127-102